協調性を身に付けて、一人前の社員になる!

協調性は非常に大切な要素

社会で生きていく為には、自己鍛錬して結果を残すことが大切です。同時に、協調性を身に付けて周囲とコミュニケーションすることも忘れてはいけません。仕事の結果だけにこだわると、例えばライバルを蹴落としたり淘汰するなど殺伐とした空気になりかねません。会社全体の空気が悪くなると周囲にも悪影響を及ぼすので、避ける必要があります。ある程度の競争は必要ですが、仕事は人生の一部に過ぎないので楽しく取り組む姿勢も大事です。楽しく取り組むには、社員全員が協調性を意識しなければいけません。助け合って、お互いに足りない部分をフォローできるような関係性だと、仕事が捗ってストレスも少なくなります。全てが良い方向に向かうのです。

社外の人とも良い関係を築ける

仕事は人と人が関わり合って進めますが、当然社内だけでなく社外の人とも絡みます。社外の人と仲良くなることで、会社同士の繋がりが強くなったり仕事が舞い込んだりします。お互いにメリットがあるような契約を締結できれば、まさに蜜月関係です。社外の人とのコミュニケーションで注意しなければいけないのは、いかにスムーズに打ち解けられるかという点です。商談や食事など数時間程度の間で関係を深めないといけないので、高いコミュニケーション能力が求められます。そこに協調性が加わると魅力的な人間だと思われるので、好印象を与えることができます。一緒に仕事をしていて、楽しいと思わせることができればベストです。社外の人から高評価を得られると、社内での評価も高まります。

接客の研修はロールプレイや座学で学ぶだけではありません。仕上げテストとしてコンテスト形式で披露する場面もあります。