ビジネスマナーは「リスクヘッジ」になる!

「ビジネスマナー」とは何か?

「ビジネスマナー」という言葉があります。具体的にどのようなことを意味するのか分からないという方は、まず「身だしなみ」について考えてみましょう。仕事に行く時に、男性なら背広を着て、髪型を整えます。ラフなファッションが許されている職場でも、周囲の人が嫌な気持ちにならないよう、清潔感を心がける必要があるでしょう。女性ならナチュラルなメークをほどこします。鏡の前に立ち、だらしない印象を与えないか、派手すぎたり、露出が多すぎないか、チェックするでしょう。

このような身だしなみに気遣う行為は、ビジネスマナーの一つです。人は見かけで判断するため、身だしなみを整えることは、仕事の一環でもあります。お茶の出し方や電話対応、名刺交換の作法は、どうでもいいように見えて、ビジネスマナーが必要な場面になります。

ビジネスマナーを守ることの大切さとは?

ビジネスマナーを大切にすると、「リスクヘッジ」になります。リスクヘッジには、危機を回避するための準備」といった意味があります。例えばあなたが取引先との打ち合わせに遅刻した時に、身だしなみが整っている場合と、整っていない場合では、相手の対応が変わってくるはずです。身だしなみが整っている場合、取引先はあなたのことを、きちんとした社会人として認識してくれます。遅刻をしたのは偶然で、次回からはこのようなことはないだろうと思ってくれるかもしれません。一方で身だしなみが整っていない時、「信用できない人だ」とレッテルを貼られてしまうでしょう。このようにビジネスマナーを学び実践することで、危機に直面した時、回避しやすくなります。

接客のセミナーを受講して今よりワンランクアップを目指しませんか。お客様から信頼されるのはもちろんのこと、上司からの評価もアップすることもありますよ。